明石で魅力的な古家付き物件の土地

明石で土地を探すときは、地盤調査の有無を確認しましょう。

地盤の強い土地は、耐震性が強い建物を建築しやすくなりますので、貴重です。

明石は神戸や大阪への交通アクセスが良いので、通勤や通学にも便利です。

子育てしながら暮らすのにも最適です。

瀬戸内海に面しているので、一年を通じて気候が温暖で、夏でも高温多湿になりにくい適切な湿度環境が維持されやすいのも魅力です。

明石の不動産は、土地のみの物件は少ないのですが、古屋付き物件まで幅広く探すと、魅力的な物件が豊富になります。

古家付き物件とは、築年数が30年以上の木造建築住宅が残されたままの状態の物件です。
リフォームされていない木造減築住宅なので、即入居可というわけにはいきませんので、住む場合には殺菌消毒とリフォームが必要になります。

古家付きの物件は、建物の取り壊し費用を自分で負担しなければならない点でコストがかかりますが、更地として売却していないので掘り出し物になる可能性もあります。



昔からの住宅地であったり、もともと地盤の固い台地である可能性も高いです。



古家付き物件は、分譲開発される以前の昔ながらの土地の場合も多く、敷地面積を広く確保しやすいです。
二世帯同居住宅を検討しているのなら、建蔽率を遵守したうえで延床面積が120平方メートル以上の建物を建築できる土地を探しましょう。



地盤の固さは、行政のハザードマップを参考にできます。
個人で調査を依頼することもできますので、データが存在しない場合は検討しましょう。