明石の一戸建ての地震対策

明石の一戸建ては、様々な耐震対策がなされています。
住宅を供給する各社が独自の方法により、耐震性を高めています。


建築の耐震性の最低限度を定めている建築基準法の基準では、十分な耐震性が得られないことが常識となっています。


自らの住宅は自ら守る姿勢が、災害から命と財産を守るために必要です。明石の一戸建てで採用されている耐震対策は、工法により種類が分かれます。
木造でも2×4工法を採用している建物は、それ以上の耐震補強がされないのが一般的です。2×4工法は建築年数が新しいうちは地震に強く、丈夫です。


特にそれ以上の耐震補強は必要ないと考えられています。



軽量鉄骨プレハブ工法やコンクリートパネル工法は、標準的なタイプごとに構造計算がされています。
個別に構造計算がされていなくても、十分に地震に耐えるレベルです。

これらの工法では、耐震性以外の要素として、耐久性に注意する必要があります。



建築時の耐震性がいつまで持続できるかがポイントです。
明石の一戸建てでは、木造軸組み工法が多くの割合を占めます。
木造軸組み工法は、建築基準法による最低限の耐震性だけでは地震による被害が発生する恐れがあります。
木造軸組み工法の住宅では、床の剛性を高めることにより、全体の耐震性を高めるのが一般的です。



合わせて筋違い壁の量を増やしたり、壁に合板を打ちつけて、耐震性が高められる場合もあります。
部材の接合部分に制振ダンパーを取り付けるのも効果的です。